お金を借りる際に必要な書類とは?

銀行または消費者金融でお金を借りる際に必要な書類があります。
消費者金融の方は必要書類が少ないのですが、銀行はとても多いです。
それではお金を借りる際に必要な書類について紹介しますね。

 

まず消費者金融に必要な書類です。
・運転免許証または健康保険証
これだけですが、提出する書類の住所が現住所と異なる場合は下記のいずれかを
提出する必要があります。
・公共料金の領収書
・社会保険料の領収書
・納税証明書
ただしこの領収書は発行されてから半年以内のものでなければなりません。

 

次に銀行の必要な書類です。
・運転免許証または健康保険証
・源泉徴収票または納税証明書
・印鑑
・通帳と銀行印
・目的別ローン(マイカーローンや住宅ローンなど)の場合は、用途に応じた
書類
以上のものが必要です。 消費者金融に比べて格段に多いですよね。
それにすぐ手に入らない書類もあります。
銀行にお金を借りようと考えている人は、早めに必要書類を準備しておくことをお勧めします。

 

銀行は書類を持って窓口に行く必要がありますが、消費者金融は窓口に行く必要がないということが
魅力ですね。
消費者金融は会社によりますが、FAXで送ったり郵送したりすればいいのですぐにでも手続きが行えます。
プロミスは携帯のカメラで写真を撮り、メールで送ればいいので手間がかかりませんよ。